ダイナミックに頬張るごちそう

 

お肉やステーキに関することをあまり知らない方
でも
このメールマガジンを読んでお肉好きになり

あなたの人生を激変させる本物の情報を
無料でご提供

 

流し読みするだけで
勝手にお肉好きになってしまう
メールマガジンを
2週に1回、無料でプレゼント!

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
※サンプルメールマガジン
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

[ステーキ]ゴチソウの正体

 

こんにちは
北川ユウジです、

 

ステーキと聞いてあなたはどんなことを
想像しますか?

 

熱々の鉄板の上にドカッと大きな塊の肉が
ジュージューと焼かれながら運ばれてくる
ステーキ。

 

もしくは。

 

週末の家族や恋人などと過ごすひと時の
お祝いとして厚切りにした上質なお肉を焼き
キーンとよく冷えたシャンパンを片手に
ステーキを頬張っている。

 

または。

 

インターネットで評判の極上ステーキを
提供しているお店を訪れて

 

シットリとジューシーに焼き上げられた
ステーキと年代物の赤ワインと一緒に
食べる至福のゴチソウのようなディナー。

 

・・・

 

あなたの人生の大切な場面。

 

とても大事な時間を過ごす時
に一緒に食べる料理こそ
「ステーキ」だと思います。

 

私たちがステーキと呼んでいる食べ物は
多種多様なバリエーションがあります。

 

例えば、

 

料理のジャンル分けでのステーキだと。

 

「和風ステーキ」は醤油をベースにした
和風のソースや大根おろしと
一緒に食べたり。

 

「フレンチ風のステーキ」ですと
香ばしく焼き上げたサーロインや
リブロースなどのお肉に、

 

マスタードをソース代わりにして
付け合わせにはフレンチフライを
合わせたり。

 

ステーキを食すことは日本だけではなく
世界中で普段あまり食べることがない
ゴチソウとして食べられています。

 

そこでこのメールマガジンでは

 

●ステーキとしてのお肉良し悪し
●自宅でも簡単にステーキが焼ける方法
●ステーキに合わせる調味料
●美味しくするために必要な道具
●ゴチソウを堪能するための最新情報

 

・・・など

 

こんなあなたのために、私が25年来の
一度食べたらクセになってしまう
最高のお肉と究極のステーキを
食べる方法や作り方を話します。

 

ちなみに私が最も好きなステーキの
食べ方は、

 

モモ肉やランプ肉などを
“シットリ”そして肉汁溢れ出るくらい
ジューシーに焼き上げたものが
大好きです。

 

ステーキとの初めての出会いは
高校生時代まで遡ります。

 

当時の私は、スポーツをしていたので
朝練の後にご飯を食べたいので
弁当を持って行っていました。

 

それでも足らず、学食でパンを買って
食べていました。

 

ご飯は1日に5食でした。

 

そんな私が学校の試験の成績で
100点を取った時があり、

 

両親がお祝いにステーキを
ゴチソウしてくれました。

 

初めてステーキを見たときは
いつもペラペラの肉しか
見ていなかったので…

 

・この食べ物は本当に美味しいのか?

 

・いつも食べているご飯とはだいぶ違うし

 

・お米かパンを選べと言われても
どちらがいいのか分からない

 

・熱々の鉄板の上で肉を食べるなんて
口が火傷しないのか不安だ

 

・・・・

 

とにかく、初めてステーキを見たときは
こんな贅沢な食べ物があるのかと
驚きました。

 

あなたも初めてステーキを目にしたとき
同じように思ったのではないでしょうか?

 

厚切りで焼きたてのお肉を食べるなんて
他の料理では考えられないくらい
贅沢です。

 

そんな私がどうして最高のお肉と
究極のステーキの隠された裏側を
知ったのかを、このメールマガジンでは
紹介していきたいと思います。

 

今回のテーマは、

 

「ゴチソウの正体」

 

です。

 

「ゴチソウ」と一言に言っても
人それぞれ違います。

 

ただ、多くの日本人の方にとっての
ゴチソウはお肉をメインに添えた料理を
選ぶ方が圧倒的に多いようです。

 

実に70%以上の方がステーキは
ゴチソウと思っています。

 

残りの30%の方は別の料理を
ゴチソウと思っていたり。

 

中にはゴチソウと言われても
ピンとこない方もいるようです。

 

7割の方に

 

『どんな時にステーキを食べるのか?』

 

と聞いたとても興味深い資料があります。

 

・誕生日
・記念日
・接待
・デート
・話題に上ったから

 

こうしてみると何か特別な日に
ステーキを食べるようでした。

 

最近では、大手企業が安価なステーキを
出していますが、肉の質や味付けなど
食べた方の不満は多いようです。

 

つまり、ステーキは大衆化した、と
言われていますが、そんなことはなく。

 

=========
ステーキ=ゴチソウ
=========

 

という認識は昔から一つも
変わっていないのです。

 

食卓やレストランで出される
ステーキをみるとテンションが上がります。

 

『このお肉旨そうだな!』

 

『早くお肉食べたい!』

 

『ソースなしでも食べてみたい!』

 

火の入った旨そうなピンク色の
肉の塊をみるだけで
このように思います。

 

逆に魚が丸ごと焼かれた料理を見たら
どのように思いますか?

 

そうなんです。

 

お肉をみるだけでヨダレが出ますし
気分もワクワクしてきます。

 

これがゴチソウの威力と言わずして
どう表現すればいいのでしょう。

 

ステーキの食べ方の好みは
人それぞれです。

 

このメールマガジンであなたにあった
最適な食べ方が見つけられるように
頑張って情報をお話ししますので
今後も楽しみにしていてください。

 


上記のようなメールマガジンを2週間に1回お届けします。

無料で受け取りたい方は以下のフォームにアドレスを入力し
「無料メルマガに登録する」ボタンをクリックしてください。

 

1分以内に[ステーキ]という件名のメールマガジンを
あなたのメールボックスにお届けします。

 

今ご登録いただくと・・・

フライパン1つで作る 牛ハラミのステーキ ニンニク風味

ハラミステーキの上手な焼き方の動画と
今晩からすぐに作れるレシピ(PDF)をプレゼント!!

PDFファイル

      PDFファイル

    動画のステーキ完成写真

名前
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレスはプライバシーは完全にお守りいたします。
※1時間以上経ってもメールが届かない場合は、メールアドレスの入力間違えが考えられます。
※i.softbankメール、docomoメール、icloudメールは迷惑フォルダに入りやすいと言われています。
それ以外のアドレスをオススメします。

 

 プライバシーポリシー